07, December 2005

last smile

そばにいた きっと 誰よりも 長く
抱きしめた ずっと 何よりも 強く

寒さに震える指先で
そっと君の鼻先に触れた

甘く 穏やかな 暖かさ
淡く 柔らかな 冷たさ

止めどない光の点滅にも
果て見えぬ音色の膨張にも
思うことはない

すべてがきれいだったわけではない
ただ愛しかった
愛しい

続きはほとんどありません。
| words

01, December 2005

in the still of the night

夜露に濡れる草花の上に横たわり
そっと空に手を伸ばす

ひどく曖昧な夜さ
そして僕は目を凝らす


思いのすべてが僕の自由であればいいのに
心は羽ばたいていて、とても手には負えない


喜びも悲しみも永遠も
ここにはないよ

昨日と今日とに
明確な境目は見つからない


いくつかの星は薄雲の向こう
風にたなびく白い吐息

ひどく曖昧な夜さ
そして僕は目を塞ぐ

続きを読む
| words

02, November 2005

lost in you (love is blind)

気が付かない間にずいぶん時間が経ったんだなぁ
脳みその皺が増えてくほど分からないことが多くなっていた

ありふれた時間の流れの中のせわしない日常
いつしか近くにあるものにしか目が向かなくなっていた
見上げればそこにあるはずの山を見ようともしなくなっていたんだ
煙草を覚え酒を呑まされパンクを聴きながら
そしてそれを失っていたんだ

気が付いても時間はあっけなく過ぎていく
モノを知れば知るほどにやりきれないことが多くなっていく

退屈なときも楽しいときも同じように過ぎていく時間
恋をして恋に泣き眼鏡を拭いた
そのときそれに気が付いたんだ

続きを読む
| words

20, October 2005

in the cradle

穏やかな陽射しと
柔らかな草木に
そっと抱かれる

幸せを呼ぶ歌が聴こえる
あらゆる色は溶け合う
境界は超えられ
すべては救われる

母の肩にもたれ
父の背中で眠る
幼子の手は暖かく
揺れる大地にしがみつく

穏やかな陽射しと
柔らかな草木に
そっと抱かれる

そんな夢を見た
今はまだ朝もやの中

続きを読む
| words

07, September 2005

rock is dead

rock is dead
nothing to sing to change the world
i'm so happy to be here,
coz i have no anger, fear, killer

bob blew in the wind
jimi shut the machin gun
kurt was crazy about pain
john, your dream comes true

air play and bomb parade
all around the world
rock is dead
i have no feelings, there's nothing to sing

続きを読む
| words

30, August 2005

予感

予感 弛緩 時間
不安 俯瞰 忌憚
油断 打算 欺瞞
無惨 杜撰 破綻
不満 誤算 悪寒
予断 遺憾 悲惨
思案 薬缶 蜜柑
裸眼 我慢 鞄
湖岸 花冠 二番
湖畔 花壇 痴漢
図鑑 股間 ベナン
胃癌 批判 イラン
祈願 志願 悲願
御覧 破顔 予感

続きを読む
| words

18, August 2005

break of dawn

月明かりばかりがやたらに目立つ
蒸し暑い夏の夜
沈み込んでいくにはおあつらえむきの夜

抱きしめたいのは君の笑顔だけじゃない
本当は、涙も嘘も、すべてを受け入れたいんだよ

指先に灯った薄明かり
木々が僕をを見てる

溺れていくには格好の場面だ
このまま瞳を閉じてしまおうか

でもまだ、歌いたい歌がある
永遠を語るには、知らないことが多すぎるけど

曝け出したいのは僕の影だけじゃない
本当は、夢も未来も、すべてを見つめてほしいんだよ

白んでいく空が何かを諦めさせる
生温い夏の朝
走り出すのにはおあつらえむきの朝

まだどんな果ても知らない
| words

16, April 2005

between the senses

灯りを消して 暗い水にそっと身を沈める
音も薫りも遠い 湿った部屋の中

瞼の裏か それとも心の中にか 思い浮かぶいくつもの情景

ひとびとの笑い声
幼き頃の景色
愛しきひとの後ろ姿

あの海の奥深き底ではどんな景色が見えたのだろう
またあなたに会うことが叶うなら 聞きたいことは山ほどある

少しずつその輪郭を明らかにしていくものたち
知るということは悲しいことなのかもしれない

汚れたのか 失ったのか
揺れたのか 触れたのか

確かなことは このこころだけは自分が生み出した唯一のものであるということ
たとえ瞳に映ることすべてが 光の生み出す幻影だとしても
| words

16, February 2005

parmanent daylight

close your eyes,
imagine the world there're no stars up on you.
imagine the world there's no one else around you.
haven't you doubted parmanent daylight?
don't you know absolute darkness?

next morning will come soon while you sleeping,
to you rotten lemons.
there's nothing to fear, nothing to doubt,
to you melted brains.

in the end you can't get out of the dark.
in the end you can't afraid of the dark.

続きを読む
| words

25, January 2005

slowly suicide

please kill me, kill me with love softly.
this is the slowly suicide deep inside.

i will keep breathing without knowing.
i will keep walking with no willingness.

i'm just a man that have no value to kill.
i'm a complete unknown, as like sprited away.

how does it feel to know you were decieved with a white lie?

it's a wonder that you still know to dream.
it's a wonder that you still know to believe.
it's a wonder that you still know to dance.

in the absolute darkness.
in the endless circle.
i can't get out of the hole.

so please kill me, kill me again.
kill me again with love.

続きを読む
| words

10, January 2005

there there

i'm just a wannabe.
all the time there is a light far away.
i just run away.

a man said to me,
just bacause you feel it doesn't mean it there.

i'm drunkun, blind and wasted.
i've been convinced i'm here, but no one knows i'm here.
i'm there, there.

give me cigarettes and alchol to die.
i hate myself and i want to die.

because i'm just a wannabe.
i'm not sentimental.

続きを読む
| words

04, January 2005

new year's day

new year's day, it might be special,
it might be happy for you.

new year's day, it can't be special,
it can't be happy for me.

oneday, the sun wakes me up,
and people say it's a usual boring day.

another day, i wake up as usual,
and people say it's a special happy day.

tell me, what's the matter?
tell me, what happened to you?

new year's day, there'd something to pray,
something to celebrate for you.

new year's day, there's nothing to pray,
nothing to celebrate for me.

| words